造成現場の防空壕

造成現場、今月は小田原で2件のお仕事を頂戴しております。

完工は5月末頃と6月中旬。

大きな現場で、時間も要します。

 

 

その造成現場の一つから、大きな空洞が見つかりました。

空洞の出現で一時工事はストップ。

 

これは上から見た写真だそうです。

 

中を調査した際の写真がこちら。

 

人が十分立って移動できる広さ。

この空洞、実は防空壕だそうです。

 

穏やかな生活ができ住み心地の良い小田原ですが、

「戦時中はここも空襲におびえて暮らさなければならなかったのか」と

安易に想像できる過去ながら、平和ボケしている私には

ちょっとゾッとしつつ、その頃の人々の苦しみを思い浮かべ胸が苦しくなりました。

 

防空壕は遺跡と違うので、調査などは行わず埋めて工事は継続されるそうです。

 

突然の空洞出現。一歩間違えれば落ちてケガをしていた人もいたかも知れず。

何もなくて一安心です。

 

今日も現場に出ている皆さんが、無事に帰って来てくれますように。

 

 

 

PAGE TOP