カラー舗装 サンプルがてら講習会(石畳タイプ施工編)

前回お届けしたカラー舗装の続き「施工編」。

2種類の模様を施工しましたが、石畳風の施工の様子を

今回はお伝えしたいと思います!

 

11a3738140f2526646a370a86c4b9f24

お寺や神社、格式の高そうなお家にある石畳。

規則正しく並ぶ石畳を見ていると、気持ちが凛として心が落ち着く気がします。

そんな石畳がお家にあったら素敵ですが、実際施工すると手間と費用がなかなかな物になる。

そんな悩みを解決しちゃう、「石畳風」のカラー舗装。

 

前回のコラムでご紹介した道具たち。

道具④  道具⑥

メジャーっぽい道具と、スプレー(´艸`*)

石畳では、こんな感じで使うんです。

 

メジャーっぽい道具は

4-1 石畳:養生用ライン②

 

(写真の撮り方失敗しました(・_・;) 本体が写ってない…スミマセン)

スタッフが指でつまんでいる白っぽい糸。

これが、あのメジャーみたいな道具から引っ張り出されたものなんですが、

この紐に石灰がついていて、はじくと路面に線が真っすぐ引けるんです。

同じような道具、大工さんも墨の物を使っていたのを、子供の頃に見た記憶があります。

綺麗に並んだ石畳になる様に、採寸しながら線を引いていきます。

 

そしてスプレーは、こんな感じで使いました。

4-5 石畳:模様吹付⑤

石畳って、黒や白の点々模様が入っていますよね。

それをこのスプレーで塗料を吹き掛けて再現しているんです。

 

今回の施工の様子です。

3-1 石畳・アプローチ:塗装1回目(黒)③ 下塗りをして

 

4-2 石畳:養生⑤ 切込部分を養生して

 

4-3 石畳:塗装2回目② 土台になる色塗りをして

 

4-5 石畳:模様吹付⑪ 御影石らしい模様をつける

 

 

で、完成がこちら!

4-8 石畳:養生取外②  4-6 石畳:模様吹付後 面アップ(白・黒)①

 

石畳の模様が再現できました。

そして、施工した事によって雨などでの滑り止め効果が

加わりました。

このカラー舗装は、滑り止めになるんです!

 

塗装方法はいくつかあります。

現場の様子や、予算とクオリティの要望具合によって変わります。

今回は一例としてお伝えしました。

 

全体の出来上がり具合は、次回のアプローチヶ所の

施工編でお伝えしたいと思います(*^_^*)

 

 

 

PAGE TOP