千字文

先日、会社で大先輩の方にこちらをいただきました。

さてはて、こちらはなんでしょうか?

IMG_9862

ボーリングのピン?置物?お酒の瓶?

正解は。。。

IMG_5163

墨汁でした!

小筆とすずり、そして「千字文」も一緒に(´▽`)

 

祝儀袋や結婚式、年中ではないですが筆って使いますよね?

筆字に自信がないとの話をしていたら、「練習してみろ」とくださいました!

 

千字文』(せんじもん)とは、子供に漢字を教えたり、書の手本として使うために用いられた漢文の長詩なんだそうです。

「『王羲之(おうぎし)』の書いた千字文が一番だ!」

と、お持ちのコピーがあるとの事で。ちゃっかりいただいちゃいました。

 

練習方法も教えていただいたので、先週末は家で一人習字教室を開催。

いざ書こうと思ったら、「文鎮がない。下敷きがない。」と(・_・;)

子供の習字道具を借りて、あらためて!

IMG_0173

 

千字あるのですが。最初の一ページ目でぐったりです。

筆に慣れていない上に、お手本とのにらめっこで集中力が持ちません。

 

「書いたら、朱で直したいところを書き直すんだ。」との教えを忠実に。

IMG_1767

本当は、もっともっと直したい箇所があったのですが、真っ赤になりすぎて

何が何やら分からなくなりそうだったので。

朱を入れるのを最低限にしてみました(;´∀`)

(汚い字、お見苦しく。スミマセン)

 

こうやって、朱で直した物を今度は手本にして練習すると

注意するところがハッキリわかって、上達に繋がるそうです。

 

難しい!でも楽しい!!

大人になってからの習い事とかって、自分でやろうと思って始めるので

すごく集中するし、充実した時間が持てますね。

 

千字を書き終える頃には、見られる字になっていたいものです(*´ω`*)

高島さん、ありがとうございました♪

PAGE TOP