外国人技能実習生 初めての「日本の夏!」

この数日、朝晩すっかり涼しくなり。

「あー、夏も終わるなぁ」と感じてます。

 

今年の夏は、当社が外国人技能実習生を採用して初めての夏でした。

夏休みは、他の企業で実習生をしいている仲間が遊びに来てくれてと、ても賑やかだった様です。

 

社長が「せっかくだから」と、みんなをボーリングへ連れて行ってくれました。

彼らの寮でのお世話役のスタッフも同行してくれて、ボールの持ち方から教えてくれた様です。

 

7

 

とっても楽しかった様子(´艸`*)

 

4

 

 

 

 

 

 

 

足柄花火大会も、甚平を用意してもらって見にいって来ましたよ(*´▽`*)

1

 

実習生最年少のヴー君の誕生日もこの夏の思い出!

 

2

 

ケーキを持っているのが当人の様に見えますが、実はその横のボーダーパーカーを着た男の子がヴー君。

パーカーとケーキは会社からのプレゼントです♪

「何歳になったの?」って聞いたら、「22歳!」と答えてくれたのですが。

「・・・???。え?21歳じゃない???」とあるスタッフから聞かれました。

パスポートを見ると、確かにこの誕生日で21歳。

「なんで?なんで?」と思って、後日もう一度年齢を聞いたら、やはり「22歳!」と答えます。

よく話を聞くと、ベトナムの数え方では22歳なんだとか。

「本当?」と本人から聞いても未だちょっと信じられない(笑)

日本が昔、数え年で年齢をカウントしていたのと同じなのでしょうか。

 

現場に持って行くお弁当、彼らは毎朝 手作りをしているのですが、「食中毒は大丈夫かー?」と不安になる様な保存の仕方で持って行く様子に、社長がお弁当用の保冷バッグを用意してくれたのも、ちょっとした夏の思い出。

 

あと数週間で、その保冷バッグも今年は使い収めでしょうか。

 

夏の思い出とは少し違いますが、歯痛で苦しんでいた子がいたのも夏に入ってから。

親知らずが出てきて炎症を起こし。 歯医者さんへ何度か受診させ。

おたふくの様に腫れ上がって。あれはかわいそうだったな。

それでも頑張って、現場には出ていました。

あんなに暑い毎日でしたが、3人とも本当に良く頑張ってくれました。

小柄なのにタフで頼りになります。

 

4月から就労してくれて、もう5ヶ月。 あっと言う間でした。

この暑い夏を乗り越えて、頼もしくなった様に思います。

彼らの実習期間は3年間。

しっかり日本語も技術も学んでもらいつつ、これからも日本を楽しんでもらえたら嬉しいです。

PAGE TOP