333運動

こんにちは!笠間です!

今回は私が覚えた333運動についてお話したいと思います!

 

私は今、石屋さんの現場監督の仕事を勉強しています。

もちろん石屋さんの経験は0です!

なのでいろんな作業をしている中、見るもの全てが初めてなので

疑問に思う事もあればたくさんの興味も持ちました。

 

そしてその中で吊荷作業という仕事があります。

吊荷作業とは吊荷をクレーンのフックに掛け、石積で使うブロックを数多く

その場に運ぶことができる作業です。

 

ところで皆さん、玉掛け作業者をご存知ですか?

恥ずかしながら私はその存在をその時に知りました(^-^;

玉掛け作業者とはロープなどの用具を用いて荷を吊り上げるための準備から玉はずし作業までの一連の作業を行う者が玉掛け作業者です!

もちろん玉掛けにも資格があります!それもその時に知りました(^-^;

話が逸れてしまいそうですが、ここで出てくるのが333運動です!

 

玉掛け時に実行する333運動、その内容とは

 

吊荷を地面から30㎝上げ、

吊荷から3m離れた場所で、

3秒静止状態を確認する。

 

これが333運動です!だから3が3つなのかと私は深く納得しました(#^^#)

要するに吊荷の安定性を保持し、吊荷作業での接触事故をしないようにしよう

という訳です!吊り上げられる荷はほとんど重たいものばかりなので

ぶつかってしまったり、もし当たり所が悪かったら、、、

考えるだけで怖いですね(´;ω;`)

 

まだまだ分からないことばかりですが作業員さんに大怪我をさせないよう、

安全面のほうでは特に全力で管理していきたいと思っております!

PAGE TOP